いらっしゃいませm(__)m
MMORPGラグナロクオンラインでのGVG戦記や育成日記、TPS鉄鬼や音楽ネタもたまにあります。( ´∀`)b






スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やる気UPボタン
[ --/--/--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

1から始めるRO動画 編集編その1 

作業2日目に入りました(´ω`;)

今日は昨日撮影した動画を公開するために加工する方法を紹介します。

ここまでの流れでDisply2AVIで撮影したDiVx形式で圧縮されたか
もしくは未圧縮のAVIファイルが1つ出来ていると思いますが、
実際に作業しながら使い方を覚えた方が早いので、できればここで2~3分程度の
テスト用の動画をあらかじめ撮影しておくと良いと思います。
(撮影時間が長いと処理時間や保存に時間が掛かりすぎて大変ですので)

まず編集ソフトの用意をしましょう。

AVI編集ソフトAviUtl Version0.99c3
他の編集ソフトでも良いですが私のお勧めはこのソフトです、
追加プラグインを増やすことで編集~フィルタ処理~エンコードとすべてがまかなえる上、
とても軽く操作も簡単と言うすぐれもの、しかもフリーウェアなんです!
ユーザーが多いためオリジナルのプラグインを公開してる人が多いのも魅力のひとつ。
※Verによってはバグが発見されていますので最新Verを入手して下さい。

入手~初期設定方法はコチラで紹介されていますので参考にして下さい。
ぶっちゃけここみれば殆どわかります\(^o^)/
初心者の為のAviUtl講座

追加プラグインについて
AviUtlは初期状態では余り機能は多くありません、そこで各種プラグインを追加しないと
ならないのですが、とりあえずROの動画を作成するだけならばそれほど多くの
プラグインは必要ありません、ぶっちゃけ加工メンドイならしなくても良いぐらいですw
ですがある程度入れておくと何かと便利なのも事実、その中からコレハ!と言う物を紹介

Lanczos 3-lobed 拡大縮小:ニコ動画にUPするなら必須、とにかく重宝。
入手先: まもる製作所
DirectShow File Reader プラグイン for AviUtl :AVI読み込み用、必須
入手先: AviUtl実験室
画像回転 AviUtl フィルタプラグイン:Flv作成には必要、無くてもOK
入手先: まもる製作所
拡張 x264 出力(GUI):h264エンコードするなら必須、しないならいらない。
入手先: seraphyのプログラム公開所

h264を扱う場合追加で neroAacEnc.exe が必要です。
入手先: Nero – Nero AAC コーデックダウンロードページ

x264の導入方法については ニコニコ動画まとめWiki を参照。
色々参考になるので取りあえず困ったらココを見ましょう。

編集する順番は人それぞれなのですが、余りエンコードをしすぎると
画質の劣化が激しくなってしまいますので注意が必要です。

私の手順としては以下の通り。
1、撮影
2、録画されたAVIファイルから必要な部分だけを切り出す。
  (無駄に長いと容量が大きくなるしマスク処理やエンコに時間が掛かりますので)
3、マスク処理を行う。
4、必要ならばAVIファイルの結合を行います。
※3と4の順番はファイル容量や処理に掛かる時間を配慮して前後させましょう
5、フィルタを掛けたりサイズ調整等最終処理を行います。
6、最終エンコード
7、完成

もちろんいらない処理を省けば手間は減ります、自分しか写ってなければ
マスク処理はいりませんしねw

では今日はAviUtlを使って簡単な編集作業を行いましょう(゚∀゚)b
AviUtlとフィルタ類を追加済みなのを前提に書いていきます。
やろうと思えば色々な事が出来ますが、難しい事は今日は省いて、
簡単にRO動画を作成する事に絞って話を進めます。

まずは一度AviUtlを起動しましょう。
ソフトを起動させるとなにも表示されてないこんなのがでます。
AviUtl-1.jpg

ウィンドウに編集したいAVIファイルをドラッグ&ドロップします。
(メニューの「ファイル>開く」で編集するファイルを選択でもOK)
こんな感じに表示されればOKです。
表示画面
映像の下にあるのは音声の波形です。

■動画のカット
撮影された動画の中から必要な部分だけを切り出します。

・まずカットを始めるスタート地点となるフレームを表示させましょう。
下部のフィーダーで大雑把に位置が選べます、細かいフレーム移動は
マウスのホイールか右下のボタンでコマ送りができます。
・1フレーム戻る戻る
・1フレーム進む進む

先頭の位置を決めたら同じく右下のこのボタンを押します先頭フレーム
画面左上に同じマークが表示されればそこが先頭フレームです。
最終フレームを決めたら右下のこのボタンをクリック末尾フレーム
画面右上に同じボタンが表示されればそこが最終フレームです。
下部のフィーダー部分の青い分が選択された範囲になります。

範囲指定が終わったら
・「編集>選択範囲のフレーム削除」を選ぶ事で青色の範囲が削除されます。
・「編集>選択の指定」からフレームNoを直接入力する事でも指定できます。
フレームナンバーは上部の枠に表示されている[フレームNo/総フレーム数]で確認。

■保存する
動画のカット後、出力して保存しないと意味が無いので一度保存します
・「メニュー>ファイル>AVI出力」を選択、するとこんな画面がでます。
保存画面未圧縮
ここではエンコードを掛けませんので再圧縮無しにチェックを入れておきます。
解りやすい名前をつけて保存しておきましょう。


■動画を連結する
必要な部分を抜き出した動画を連結する場合はこの作業が必要です。
私はunitemovieと言うソフトを使ってますが、(性能はこのソフトの方が良いんです)
AviUtlだけでも充分出来ますのでココではそののやり方を紹介します。
・「メニュー>ファイル>AVIファイル操作>AVIの連結」を選択。
連結画面
連結したい動画を追加を押して繋ぎたい順に入力
出力ファイルの欄に保存先を選び出力するファイル名を入力(ココ重要)
後はOKボタンを押すだけです。
ファイルサイズによって処理時間が長くなりますので注意しましょう。
ちなみに今回用意したのは同じファイルをコピーしただけの物ですが
30Mbほどのを2個繋ぐだけなら約1秒で終わりますw


■マスク処理を行う
※本来ならばここでマスク処理を先に行いますが、今回は記事の都合後述します。


■いらない枠を消す
撮影の際に映り込んでしまったROクライアントの窓枠部分を消します。
コレには塗りつぶしてしまう等、他にも手段はありますが無駄に黒い余白が
出来てしまいますので、私はフィルタツールのクリッピング&リサイズを使用しています。

メニューの「設定>クリッピング&リサイズの設定」を選択。
クリッpング&リサイズ

使い方は見たまんま(´・ω・`)フィーダーかボタンで調整して枠を消してください。
この時フィルタが有効になっていないと効果が反映されませんので。
右上にある小さなチェックBOXにチェックを入れるか。
「メニュー>フィルタ>クリッピング&リサイズ」にチェックいれてフィルタを有効にしてください。
その他のフィルタを使うときも同様ですので覚えておいてくださいね。
出来上がったのはこんな感じ。
綺麗に枠が消えているのが解ると思います、AviUtlの表示枠を画像より少し大きくし
余白を上下左右にあらかじめ作っておくことで調整がしやすくなると思います。
Avi2.jpg
ただし!ここで注意点800x600サイズのウィンドウでROを起動し
撮影した時に写る枠を綺麗に消しさろうとするあまり、アスペクト比が崩れてしまってます。
上記のSSのファイル名の横に(798,598)とあるのがそうです。
このままでもいいのですがコーデックの種類によってはこのままではエンコードできません。
ですので上手く調整して(800,600)になるようにしておいたほうが無難です。
↓微調整をして(800,600)にしたSS。
こんなもんかな?


■チャット欄と上部を隠す。
SEffect を使ってマスク処理をしてもいいのですがフレーム数が多い場合。
チャット欄のように最初から最後まで表示されるような窓やスキル窓をマスクで隠そうとすると
ファイルの容量も増えてしまいますし、処理に無駄に時間がかかりまくります。
(短い動画なら問題ないんですけどね5分程度とかなら・・・)
ですので無駄な手間を省く為に、ここで先に消してしまう方法を紹介しておきます。

・メニュー欄から「設定>縁塗りつぶしの設定」を選択。
使い方は前述したクリッピング&~と同じでみたまんまw
塗りつぶし

上下を塗り潰されたものがこちら。
みて解るようにチャット欄とスキル欄が綺麗に隠れてますね、中央に配置ボタンにチェックを
入れておけば表示部分が真ん中よりに配置されるので実際に試してお好みでどぞ。
ぬりぬり~
私はこのフィルターをクリッピング&リサイズの調整で消しきれなかった
ウインドウ枠の写りこみ部分を消すのに使用しています。

■その他フィルター
基本的には画質調整は好みでやってもらう範囲ですので詳しくは述べません。
極端に高画質を追求したりしないのであればこのままでOKです。
ですがちょっと覚えておくと便利な小技を紹介しておきます。

●ノイズフィルター
Fpsが10程度の動画では基本的に必要ありませんがROのダンジョン等の狩り動画で
チラツキなんかが気になる場合ONにしておくと良いと思います、設定はデフォでもOKです。
●Lanczos 3-lobed 拡大縮小
ニコニコ動画にうぷしたい人ならこれで簡単にサイズ調整ができます。
使い方はフィーダー部で調整するか、右下のBOXに数値を入れ指定ボタンをおせばOK
SIMDは「SSE2 整数」がフィルタ作者の推奨数値なのでそれにしておけばいいです。
ニコサイズ

●色調補正
拡大や縮小した際に色合いが変わってしまうので好みで調整しましょう。


■エンコードして保存する
すべての編集が完了したらエンコードして保存します、エンコード(圧縮)しないと
フィルタの効果が適用されません。

今回もDivXでのエンコード方法を紹介します。
メニューから「ファイル>AVI出力」を選びビデオ圧縮ボタンをクリックします。
※もし再圧縮無しにチェックが残っていたら必ずはずしてください
↓のようなウィンドウが開いたら、圧縮プログラムの中からDivXを選択。
エンコード

次に、「設定ボタン」をクリック。
するとDivXコーデックの設定画面が出てきますが基本的には撮影時と同じです。
DivXコーデック
コーデックの設定を確認したら「オーディオ圧縮」のボタンを押して
PCM22050kh 16ビット ステレオ 86kb/秒を選択
(音ズレしないなら44.100 16ビット ステレオ推奨) 
すべての設定が終わったらファイル名を指定し保存を押せばエンコードのスタートです。

無事AVIファイルが出来ていれば動画の完成です(*TーT)bグッ!
(音ズレしたりコマ落ちした場合は、コーデックの設定を見直してください)

マスク処理がまだ終わっていませんが、一応コレで公開できるLVの動画には
なっていると思います、マスク処理とその他のコーデックでのエンコード方法は
また後日と言う事で、ひとまず・・・おつかれさまでした(;´・ω・)=3ツカレタ
スポンサーサイト

やる気UPボタン

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vividheart.blog4.fc2.com/tb.php/232-db5e1bb0










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。